品川区|JR目黒駅徒歩1分の小児科・皮膚科・アレルギー科の専門クリニック

03-5422-8391

小児科
  1. めぐみクリニック目黒2
  2. 小児科

ロタウイルスワクチンについて




・ワクチン名 ロタウイルスワクチン ※2種類のワクチンがあります。
   ①【 ロタリックス:1種類の抗原を含むワクチン 】
   ②【 ロタテック :5種類の抗原を含むワクチン 】
・ワクチンの種類
・接種部位
生ワクチン/経口接種
・接種回数
・接種時期

どちらのワクチンも生後6週から接種できます。初回接種は生後15週未満までの接種を推奨します。

①ロタリックス:【2回接種】

   4週以上の間隔をあけて、生後24週までの間に2回接種します。

②ロタテック:【3回接種】
   4週以上の間隔をあけて、生後32週までの間に3回接種します。



・助成状況
■任意接種:
品川区では、品川区在住のお子様の接種費用は以下のように助成されます。
※各自治体での助成状況は、お住まいの市区町村にお問合せください

■助成金額:7,000円(2回まで)
 ロタリックス:生後6週から24週までに接種を受ける場合。
 ロタテック :生後6週から32週までに接種を受ける場合。

   ロタウイルスワクチンはロタウイルス初感染時の胃腸炎の重症化や合併症の予防に効果があります。

■ロタウイルス感染症について

   ロタウイルス感染症は、年齢にかかわらず何回でもかかりますが、初感染時が最も重症になり、その後感染を繰り返すにつれて軽症化します。胃腸炎が主ですが、脱水、けいれん、肝機能障害、腎不全、脳症などを合併することもあります。ロタウイルスに効果のある抗ウイルス薬はありません。ほとんどの場合は特別な治療を必要とせず、1週間ほどで自然回復しますが、重症脱水や合併症を併発した場合は入院が必要になることがあります。特に重症化しやすいのは生後4ヵ月から2歳未満の乳幼児です。

   ロタウイルスは感染力が強く、衛生状態が整っている先進国でも感染を予防することは簡単ではありませんが、ワクチン接種による重症ロタウイルス胃腸炎の予防効果は約90%とされています。

■接種スケジュールについて

   初回接種を生後6週に行うと、他のワクチンを受ける際に4週以上の間隔をあけなければいけないことから、Hibワクチン・肺炎球菌ワクチン・B型肝炎ワクチン等(標準的に生後2ヵ月に開始するワクチン)の接種開始が遅くなってしまいます。そのため、初回接種は生後2ヵ月時に、他のワクチンと同時接種を推奨します。
  ロタウイルスワクチンの副反応として、腸重積症(腸管がはまり込むようにして腸閉塞を起こす病気)があり、初回接種が生後15週以降になると自然発症の腸重積症が急増する時期と重なるため、初回は生後15週未満の接種が推奨されています。

■ロタリックスとロタテック

   現時点で日本には2種類のロタウイルスワクチン(ロタリックスとロタテック)があります。この2つのワクチンの効果、副反応は同程度と考えられています。どちらを接種するか悩んでいらっしゃる方は、医師にご相談ください。


2017年6月 小児科:

医療法人社団めぐみクリニック目黒2

〒141-0021 東京都品川区上大崎2-12-2 ミズホビル3F
TEL 03-5422-8391 FAX 03-5422-8392

アクセスはこちら

Medical subjects / Pediatrics, Dermatology and Allergy
post code 141-0021
Mizuhobiru 3F,2-12-2 Kamiosaki,Shinagawa-ku, Tokyo

  • 目黒クリニック
  • ドクターズコラム
  • リンク