品川区|JR目黒駅徒歩1分の皮膚科・小児科・アレルギー科の専門クリニック

03-5422-8391

小児科
  1. めぐみクリニック目黒2
  2. 小児科

予防接種のイラスト


当院では、ママやパパが安心して赤ちゃんのワクチンデビューができるようサポートさせて頂きます。


赤ちゃんはなぜ2か月からワクチン接種が必要なの?

 赤ちゃんにワクチンを接種するのは、ワクチンで予防できる疾患から大切な赤ちゃんを守るためです。そのためには適切なワクチンを、適切な時期に、適切な間隔で、適切な回数接種する必要があります。

  • ヒブ肺炎球菌ワクチンは生後6か月ごろから増えてくるインフルエンザ菌b型(ヒブ)や肺炎球菌による細菌性髄膜炎を予防するために、生後2か月から接種することになっています。

  • B型肝炎ワクチンは、ウイルスの持続感染を防ぎ、将来発生するかもしれない慢性肝炎・肝硬変・肝がんの発症を予防するためのワクチンです。乳幼児期にB型肝炎ウイルスに感染すると持続感染が起きてしまうので、生後2か月から接種することになっています。

  • ロタウイルスワクチンは、初めてかかると重症化しやすいロタウイルス胃腸炎を予防するワクチンです。ワクチン接種後に発症する可能性がある腸重積症が最も起こりにくい時期に接種を受けていただくために1回目の接種は生後14週6日までに開始するように勧められています。

  • 4種混合(ジフテリア、破傷風、百日咳、ポリオ)ワクチンには、新生児や乳児で重症化しやすい百日咳を予防するワクチンが含まれているため生後3か月になったら早めに接種することになっています。



ワクチンデビューの準備

 ワクチンデビューする生後2か月では、ヒブ、肺炎球菌、B型肝炎、ロタウイルスワクチンが接種できます。これらはすべて定期接種のワクチンなので東京23区にお住まいの方は当院で接種が受けられます。
 当院では、コロナ禍でも安心してご来院いただけるよう予防接種専用枠を設けています。電話か受付窓口で「ワクチンデビュー」と伝えて事前に予約をお取りください。

 ワクチンデビューから1歳になるまでの当院での接種スケジュールの一例(同時接種の場合)を以下にお示しします。


区から送られてきた説明書を読んで、これから接種するワクチンの必要性、効果および副反応について理解しておきましょう。わからないことや心配なことなどがあれば、メモしておき、ワクチン接種当日に医師に聞いてください。

各ワクチンについての詳しい解説は、こちらのページからもごご覧頂けます>>



ワクチンデビューする当日の流れ

1)来院まで

  • 赤ちゃんの体調はいつもと変わりないか確認しましょう。
     37.5℃以上の熱がある場合は、接種を受けられないことがあります。
  • 授乳について
     ロタウイルスワクチンは飲むワクチンです。
     吐き戻しを防ぐために、予約時間の30分前から授乳はお控えください。
  • お子さんの母子手帳、定期接種の予診票、健康保険証、乳幼児医療証を必ずお持ちください。
     今回接種予定のワクチンの予診票をご自宅で記入してから来院されることをお勧めします。
  • 来院時間について
     予約時間の10分前までにお越しください。

2)来院してからワクチン接種まで

  • 母子手帳、必要事項を記入した予診票などを受付に提出します。
  • 体温計をお渡ししますので、赤ちゃんの体温を測定してください。
     測定結果は受付にお知らせください。
  • 赤ちゃんの体重測定をご希望の方は、受付にてお申し出ください。
  • 順番がきたら診察室にご案内します。
  • 診察室で医師による予診票の確認と診察を受けてからワクチンを接種します。
     ワクチンについてお聞きになりたいことがあれば、この時に医師にお尋ねください。

3)ワクチン接種から帰宅まで

  • 赤ちゃんが動かないようにしっかり抱っこしてあげてください。
  • 注射のワクチンは、それぞれ別の場所(左右の上腕部、大腿部の皮下)に接種します。
     ロタウイルスワクチンは飲むワクチンです。
     当院では、注射のワクチン接種後、落ち着いてから飲ませています。
  • 予防接種後の注意事項についてはパンフレットなどを用いて説明します。
  • 1回目のワクチン接種後は、30分程度院内でお子様の様子を観察します。
  • 最後に、今回の接種について記録した母子手帳を受付でお返しします。
     次回の予約をとってからご帰宅ください。


ワクチンデビュー時によくある質問 Q&A

生後2か月になったばかりの赤ちゃんに
4種類ものワクチンを同時に接種しても大丈夫でしょうか?

 複数の異なるワクチンを同時に、別々の部位(左右の上腕や大腿)に接種することを同時接種と言います。同時接種をしても、それぞれのワクチンの効果が落ちたり、強くなることはありません。またワクチン接種後に起こる副反応の頻度が上がるわけでもありません。同時接種においては、接種できるワクチンの本数に制限もありません。どうしてもお子さんに同時接種をしたくない場合には、医師にご相談ください。どのように接種をすすめて行くか一緒に考えましょう。

    【 同時接種のメリット 】
  • より多くの病気に対して早期より免疫が得られます。
  • 受診する回数を減らすことが出来ます。
  • 接種漏れが少なくなります。


ロタウイルスワクチンには2種類(ロタリックス、ロタテック)ありますが、
どちらを選択したら良いでしょうか?

 どちらのワクチンも飲むワクチンで、規定通り接種すれば、ワクチンの有効性や安全性に差がないことがわかっています。違いは、ワクチンの中に含まれるウイルス株の種類と接種回数にあります。

 ロタリックスには、弱毒化されたヒトロタウイルス(遺伝子型G1P[8])が1種類のみ入っています。腸管内でよく増殖し、2回飲むだけで予防効果を発揮します。他の遺伝子型のロタウイルスに対しては、交差免疫が働きます。
 一方、ロタテックには、ヒトおよびウシロタウイルスの遺伝子組換えで生成された5種類のロタウイルス株(遺伝子型 G1P[8],G2P[4],G3P[8],G4P[8],G9P[8] )が入っているため、主に流行する5つの遺伝子型を初回からカバーする免疫ができます。ロタリックスと同様の予防効果を発揮するためには3回飲む必要がありますが、同時接種の場合はそのために通院回数が増えることはありません。



受診される方へ

    ■皮膚科診療は、14:00~15:00が比較的空いています。

    ■小児科診療は、15:00~16:00が比較的空いています。
  • 受診される方へ
  • ご予約について
  • ご予約について
  • Web予約はこちら
  • 小児科コラム
  • 小児科コラム
  • ワクチンデビュー
めぐみクリニック目黒

医療法人社団めぐみクリニック目黒2

〒141-0021 東京都品川区上大崎2-12-2 ミズホビル3F
TEL 03-5422-8391 FAX 03-5422-8392

アクセスはこちら

Medical subjects / Pediatrics, Dermatology and Allergy
post code 141-0021
Mizuhobiru 3F,2-12-2 Kamiosaki,Shinagawa-ku, Tokyo

  • 目黒クリニック
  • ドクターズコラム
  • リンク